洋食屋HANA

餃子の皮と豆腐のソースでラザニアを作ってみた

f:id:keiko-blog:20180114154410j:plain

ブーツの形をした国、イタリアのカンパニア州ナポリの名物料理【ラザニア】

とたん屋根の様に波打った形状のパスタを深さのある耐熱容器にミートソース・ホワイトソース(ベシャメルソース)・チーズ等で何層か重ね、オーブンで焼いたちょっと手の込んだ料理。

ずいぶん前に作ったきりすっかり忘れていたら、思い出した様に長男くんよりリクエスト。

でも肝心のラザニアパスタがない。冷凍庫に多めにこしらえたミートソースは眠っているけれど・・・。

寒がりな母は買い物に行かなくて済むレシピを思いついた!そして一人ニンマリ(^_-)-☆

パスタの代わりは昨日、偶然買った餃子の皮に決定!

そしてホワイトソースはバターも小麦粉も使わないお豆腐で。

f:id:keiko-blog:20180114154257j:plain

ラザニアの皮の原料はセモリナ粉。デュラムコムギという小麦から作られている。餃子の皮の原材料も小麦。同じね(笑)

もちもち食感が生かせるかしら?

用意するもの(4人分)

f:id:keiko-blog:20180114155211j:plain f:id:keiko-blog:20180114153702j:plain
f:id:keiko-blog:20180114153544j:plain f:id:keiko-blog:20180114153510j:plain
  • 餃子の皮 50枚
  • ミートソース(市販の物でもOK) 400g
  • とろけるチーズ 300g
  • 豆腐 (絹でも木綿でも) 1パック300g
  • 牛乳 大さじ2
  • コンソメの素 1個
f:id:keiko-blog:20180114153633j:plain f:id:keiko-blog:20180114154257j:plain
f:id:keiko-blog:20180114154934j:plain f:id:keiko-blog:20180114153744j:plain

つくり方

★豆腐・コンソメ・牛乳でホワイトソースを作る。

  1. 豆腐は水切りしフライパンに入れ、泡立て器でグルグルして滑らかにする。
  2. 豆腐がふつふつしたらコンソメを溶かし牛乳を加える。

★餃子の皮は4等分にし、粉はなるべく落としておく。

  1. 深さのある耐熱容器に豆腐のホワイトソース・4等分にした餃子の皮を2枚重ねにしたもの・ミートソース・チーズの順番で重ねる。
  2. 1の行程を容器の深さに合わせて2~3回繰り返す。
  3. 一番上にパン粉を少し振り入れ、オーブンでチーズが美味しそうなきつね色になるまで焼く。

f:id:keiko-blog:20180114154410j:plain

さてさて・・・家族には内緒(^_-)-☆

見た目は同じだけれど、全く違うレシピ。

パスタも明らかに厚みも弾力も違う餃子の皮、そしてソースもバターを全く使わないヘルシーなもの。

食べ始めて・・まず第一声、

長男くん「ちょっと焼きすぎた?パスタが柔らかすぎじゃない?」

次男くん「前に作ってくれた時、この器じゃなかったよね?」

パパさん「う~ん、器のせいか?熱伝導が良すぎたのかな?」

私「そうだねぇ(*^-^*)もう少し深い器、買おうか?」ニヤニヤ・・

完全に器のせい、の流れに・・

最後まで種明かしはせずに全員完食~。

いつものミートソースとチーズに助けられて、何とか満足いただけた様でしたが・・やっぱり薄い分、食感が違いました⤵

ソースはともかく、柔らかくなってしまう餃子の皮はラザニアの代用には難しいかな?と反省した母なのでした。

でもカロリー抑えたお豆腐のホワイトソースは身体にやさしいですよ。

✨今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました✨

-洋食屋HANA

Copyright© 87diary , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.