和食屋HANA

たら鍋レシピ|たらのあらと白だしで鍋奉行

f:id:keiko-blog:20191229152252j:plain

いらっしゃいませ、和食屋HANAへようこそ。

寒くなると手軽で身体も温まるお鍋が嬉しいですよね。

今日は脂肪が少なくヘルシーで、ほくほくの食感が嬉しいたらのあらと、手間要らずの市販の白だしを使った、簡単でとっても美味しいお鍋のご紹介です。

骨付きのあらと白だしを使えば、あなたも今日からたら鍋奉行。

〆のおじやもお出汁を全部吸い込んで絶品です!

白だしで簡単!たら鍋レシピ

用意するもの

f:id:keiko-blog:20191206103045p:plain f:id:keiko-blog:20191206102240j:plain
f:id:keiko-blog:20191206103126p:plain f:id:keiko-blog:20191206102225j:plain
  • 真たら(生たら)のあら
  • 白菜、長ネギ、大根、豆腐、きのこ類、青菜(春菊、小松菜、ほうれん草、水菜等何でも)、人参、ちくわ、白滝等
  • 白だし、料理酒、みりん、塩(適量)

下ごしらえ

f:id:keiko-blog:20171124102205j:plain

1.たらのあらは塩を振り5~6分置いて、熱湯をさっとかけ水気をよく拭きとり、食べやすい大きさに切る。

f:id:keiko-blog:20191206102637j:plain f:id:keiko-blog:20191206102640j:plain f:id:keiko-blog:20191206103103p:plain

2.白菜は芯と葉を分けて一口大のそぎぎりにして分けておく。

f:id:keiko-blog:20191206102633j:plain f:id:keiko-blog:20191206102654j:plain

3.大根は5㎜厚さのいちょう切り、人参は薄切り、きのこ類はほぐしてそのほかの食材は食べややすい大きさに切る。

※真たらは水分が多く、身が柔らかいので臭み取りを兼ねて塩をまぶして水分を抜き、身をキュッとしめます。

つくり方

f:id:keiko-blog:20171124102309j:plain

1.鍋に水を張り白だし、お酒、みりんと塩少々を入れ、白菜の芯の部分、野菜類、ちくわを入れる。

f:id:keiko-blog:20191229152336j:plain

2.野菜が柔らかくなってきたら白菜の葉の部分、白滝も加える。

湯気で曇っててごめんなさい。

f:id:keiko-blog:20191229152243j:plain f:id:keiko-blog:20191229152249j:plain

3.たらと豚バラスライスが冷蔵庫に少し残っていたので加え、豆腐を鍋周りに入れたら「食べてもいいよ~」のGOサインを出します(笑)

ほくほくのたらとお出汁が染みたお野菜、ふ~ふ~しながらどうぞ召し上がれ。

f:id:keiko-blog:20171124102745j:plain

たらのあらから出る旨味が白だしに引き出され、お野菜やお豆腐に染み込んで絶妙な美味しさ♪

リーズナブルなたらのあらは切り身だけでは出ない旨味となってお財布にもお腹にも嬉しい一石二鳥のコスパの良さです。

鍋奉行としてはお野菜にも旨味が染み込み、甘みも増して沢山食べられるのでもっとたっぷりのお野菜を用意すれば良かったな、と反省。

〆のお楽しみ

f:id:keiko-blog:20191230123702j:plain f:id:keiko-blog:20191230123704j:plain f:id:keiko-blog:20191229152317j:plain

最後はごはんを入れて、卵を回しかけ、お好みでネギの小口切りを添えておじやにして頂きました(うどんでも美味しいですよ)

美味しいお出汁をご飯がぜ~んぶ吸い込んでお鍋は空っぽ!

ホタテやエビ等の海鮮を入れれば豪華になりますし、味にさらに深みも出て、おもてなし料理になりますね。

箸休めの1品

箸休めは母直伝の柚子大根

f:id:keiko-blog:20171124134819j:plain f:id:keiko-blog:20171124134924j:plain

こちらもすごく簡単に出来てサッパリと美味しい1品です。

  • 大根は1㎝角位に切り、塩を振って水分を出す。
  • ビニール袋にお砂糖、酢、だしの素少々を入れ好みの味にする。
  • 良く水を切った大根と柚子の千切りを入れ揉み込み、半日~1日味をなじませる。
f:id:keiko-blog:20171124135004j:plain f:id:keiko-blog:20171124135026j:plain

冬大根はみずみずしくて味も良く染みこむので、この季節は何度でも登場する1品です。

実家の柚子の木から毎年おすそ分けしてもらい、皮をむき、白い綿を丁寧に取り除き、冷凍保存しておきます。

煮物に添えたり、お正月にはお雑煮にお飾りすると、おしゃれで風味がよくなり、とっても便利。

以上、母から教えてもらった豆知識でした(笑)

本日もお付き合い下さり、ありがとうございました。

よく読まれている記事

さばの水煮缶詰で絶品炊き込みご飯!栄養満点かんたんレシピ19選

-和食屋HANA

© 2020 87diary Powered by AFFINGER5