和食屋HANA

低糖質!たら鍋レシピ|下処理と白だしで美味しさアップ♪

f:id:keiko-blog:20191229152252j:plain

寒い日は手軽で身体も温まるお鍋が嬉しいですよね。

低糖質な「たら鍋」はいかがですか?

たらは切り身だけでは出せない、旨味たっぷりでコスパの良いあらを使います。

大切なのは下処理!生臭さや水っぽさを消し、身もふっくらと美味しく出来上がります。

味付けは手間いらずの市販の白だし、お野菜もたっぷり摂れて、しめのおじやもお出汁を全て吸い込んで満足の美味しさです。

たらは低糖質!

たらの糖質は一切れ80gで0.08g!

カロリーは62Kcalです。

下処理で美味しさがアップ!

f:id:keiko-blog:20171124102205j:plain

たらのあらは塩を振り5~6分置いて熱湯をさっとかけ、キッチンぺーパーで水気をよく拭きとり、食べやすい大きさに切ります。

このひと手間で仕上がりにぐ~んと差が出ます。

用意するもの

f:id:keiko-blog:20191206103045p:plain f:id:keiko-blog:20191206102240j:plain
f:id:keiko-blog:20191206103126p:plain f:id:keiko-blog:20191206102225j:plain
  • 真たら(生たら)のあら
  • 白菜 四分の1株
  • 長ネギ 1本
  • 大根 5㎝
  • 豆腐 1丁
  • きのこ類、青菜(春菊、小松菜、ほうれん草、水菜等何でも)、人参、ちくわ、油揚げ、白滝等

調味料

  • 白だし 280ml
  • 料理酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 塩 大さじ半分
  • 水 2リットル

下ごしらえ

f:id:keiko-blog:20191206102637j:plain f:id:keiko-blog:20191206102640j:plain f:id:keiko-blog:20191206103103p:plain

白菜は芯と葉を分けて一口大のそぎぎりにして分けておく。

f:id:keiko-blog:20191206102633j:plain f:id:keiko-blog:20191206102654j:plain

大根は5㎜厚さのいちょう切り、人参は薄切り、きのこ類はほぐしてそのほかの食材は食べややすい大きさに切る。

つくり方

f:id:keiko-blog:20171124102309j:plain

鍋に水をいれて、白だしとお酒、みりんと塩少々を入れ、白菜の芯の部分、野菜類、ちくわを入れる。

f:id:keiko-blog:20191229152336j:plain

野菜が柔らかくなってきたら白菜の葉の部分、白滝も加える。

f:id:keiko-blog:20191229152243j:plain f:id:keiko-blog:20191229152249j:plain

たらを加えて豆腐を鍋周りに入れ、5分程火を通します。

ほくほくのたらと、旨味が染みたお野菜、ふ~ふ~しながらどうぞ召し上がれ(*^-^*)

f:id:keiko-blog:20171124102745j:plain

たらのあらから出る旨味が白だしに引き出され、お野菜やお豆腐に染み込んで絶妙な美味しさ♪

リーズナブルなたらのあらは、切り身だけでは出ない旨味となってお財布にもお腹にも嬉しい一石二鳥のコスパの良さです。

お野菜は火が入るとかさが減って思いのほか少なくなるので、たっぷり用意するのがベスト!旨味が染み込み、甘みも増して沢山食べられます。

〆のお楽しみ

f:id:keiko-blog:20191230123702j:plain f:id:keiko-blog:20191230123704j:plain f:id:keiko-blog:20191229152317j:plain

最後はごはんを入れて、卵を回しかけ、お好みでネギの小口切りを添えておじやにして頂きましょう。

美味しいお出汁を吸い込んだ、しめのおじやもたまらない美味しさでお鍋は空っぽです。

「低糖質!たら鍋レシピ|下処理と白だしで美味しさアップ♪」のまとめ

たら鍋は低糖質で低カロリー!

素材の美味しさを引き出す、やさしい味わいの白だしで作るたら鍋は、〆の「おじや」やおうどんまで、罪悪感なくたっぷりと頂けます。

下処理をすることで美味しさがグンとアップするので、ぜひ!ひと手間加えて、ほくほくの美味しさを実感して下さい。


-和食屋HANA

© 2021 87diary Powered by AFFINGER5