暮らし

溶岩石プレートでお家焼肉!使い方と5つのメリット

溶岩石プレートの使い方

焼肉はお好きですか?

焼肉屋さんのような美味しい焼肉を、なるべくリーズナブルにお腹いっぱい食べられたら、幸せですよね。

今回ご紹介する溶岩石プレート!

それほど高級なお肉でなくてもふっくらジューシーに焼けて、煙も少なく、しかも脂が石に染み込むのでとってもヘルシー。

そんな夢のような2種類の溶岩プレートの、使い方、5つのメリット、注意点、お手入れ方法、おすすめ食材までをご紹介します。

スポンサーリンク

2種類の溶岩石プレートを比較

私が購入した時の価格です。

名称 富士山溶岩石プレート 黒玄武溶岩石プレート
画像 f:id:keiko-blog:20180223151650j:plain f:id:keiko-blog:20180223151710j:plain
サイズ 25cm×20cm×5cm(持ち手含む) 20cm×20cm×2cm
重さ 2,400g 2,000g
価格 6,157円 4,380円

取って付きが少し重いけれど、持ち運びがラクです。

溶岩石プレートの特徴

f:id:keiko-blog:20180223151851j:plain f:id:keiko-blog:20180223151744j:plain
  • バナジウム・亜鉛・カルシウム等豊富なミネラル成分を含む玄武岩
  • 遠赤外線効果で素材の美味しさを損なわず焼き上げます

お肉は火加減次第で旨み成分が変わるので遠赤外線の効果で表面だけでなく奥深くまでふっくらと焼き上げます。お肉だけでなく野菜・きのこ・魚介もジューシーな焼き上がりです。

  • 沢山の気泡が油を吸い取ってくれるのでヘルシー

溶岩石を使う前は脂や焦げ付きをふき取りながらホットプレートを使用していました。溶岩石は脂を気泡がグングン吸い取り、何枚肉を焼いてもその心配はありません。焼肉屋さんで網の下に脂が落ちる原理と同じ、とってもヘルシーです。

  • 油が火に当たらないから煙が少ない

脂が直接炎に当たらないので煙が出ません。換気扇を回さなくてもいいので冬でも温かいお部屋で焼肉が楽しめます♪

  • 焦げる心配がない

火加減を気にすることなく、ゆっくりじんわり焼けるので、ちょっと目を離した間に焦げる心配がありません。

使い方

f:id:keiko-blog:20190307115314j:plain

  • 初めて使用するときのみプレートの表面に油をなじませる
  • プレートはコンロであらかじめ熱しておく
  • プレートがボンベの上のカバーにかぶらないように置く

使い始める前にガスコンロでプレートを充分熱しておきます。

★カセットコンロへの移動の際はくれぐれも気を付けて!

f:id:keiko-blog:20180223152002j:plain f:id:keiko-blog:20180223151911j:plain

かぶさっていると、ボンベが加熱され爆発する恐れがあるのでくれぐれも置き方は注意。

f:id:keiko-blog:20190307115322j:plain f:id:keiko-blog:20190307115350j:plain
  • 溶岩石が十分熱くなっているので終始省エネの弱火

f:id:keiko-blog:20190307115409j:plain

  • 肉を置きジュッと音がしたら焼き始めます

ゆっくり、じんわり焼きあがるので焦げる心配がありません。

f:id:keiko-blog:20190307115421j:plain f:id:keiko-blog:20190307115424j:plain

焼肉屋さんに負けない、感動的な焼き上がり。

野菜も甘味が凝縮され、水分も逃げずジューシーです。

f:id:keiko-blog:20190307115710j:plain f:id:keiko-blog:20190307115452j:plain f:id:keiko-blog:20190307115448j:plain

タンはシンプルにネギだれを、カルビは我が家特性の焼肉だれで!

シンプルに塩コショーのみでもお肉の旨味が感じられて美味しい。

お手入れ方法

f:id:keiko-blog:20190307115538j:plain f:id:keiko-blog:20190307115613j:plain

特徴や使用方法は同じですが、お手入れ方法に違いがあります

富士山溶岩石プレート(取っ手あり)
  • 富士山溶岩石はまだ熱いうちにぬるま湯をかける
  • 気泡がプレートの穴から汚れを押し出してくれる
  • へら等で焼きカスを擦り落とす
  • プレートが冷めたら、たわしなどできれいに水洗い
黒玄武岩 溶岩石プレート(取っ手なし)
  • 黒玄武岩は冷めるまで待ってぬるま湯に付け置きする

熱いまま水やお湯につけるとクラック(亀裂・割れる)が入りバラバラになってしまうのでくれぐれも冷めてから。

共通する大事な注意点!

中性洗剤は使わない!

溶岩が洗剤を吸い込んでしまい洗い流す事が出来ないからです。専用の洗剤を使うか水洗いのみにし乾燥させます。

f:id:keiko-blog:20190307115632j:plain f:id:keiko-blog:20190307115629j:plain f:id:keiko-blog:20190307115623j:plain

5つのメリット

  • 溶岩石に脂が染み込むのでヘルシー。
  • 煙が出にくい。
  • エコ!1度熱を蓄えれば後は弱火で十分。
  • 遠赤外線効果でゆっくり加熱、焼き上がりがふっくら。
  • お安いお肉も美味しく焼ける。

溶岩プレートで焼肉レシピ

焼肉の人気具材

f:id:keiko-blog:20190307122313j:plain f:id:keiko-blog:20190307115721j:plain f:id:keiko-blog:20190307115654j:plain
  • ロース切り落とし
  • 霜降りカルビ
  • 牛タン
  • ホルモン
f:id:keiko-blog:20180605134335j:plain f:id:keiko-blog:20180605133317j:plain
f:id:keiko-blog:20190307115751j:plain f:id:keiko-blog:20190307115801j:plain
  • 1ポンドのリブロースのステーキ用のお肉も贅沢にカット!
  • 骨付きラム肉や鶏肉も。

高級焼肉店?と錯覚しそうです(笑)

おすすめ焼肉野菜

  • おすすめ第1位は玉ねぎ。直火でないので水分が抜けず、野菜の旨味が損なわれず味わえます。
  • 椎茸、えのき、エリンギなどのきのこ類もふっくらとした焼き上がり。
  • ちょっとレンチンしたじゃがいもやトウモロコシ、ピーマン、大きめにカットしたキャベツもほくほく甘くてジューシー。

まとめ

  • 脂をグングン吸い込んでくれるのでプレートが脂の海にならない。
  • 脂が落ちるのでとってもヘルシー。
  • 煙が少ないため、部屋に匂いが残りにくい。
  • 気になるお手入れはぬるま湯に付け置き、ブラシなどでこすれば汚れ落ちも簡単。
  • アウトドアでも大活躍

次回は魚介類も焼きたいと思っています♪きっと、香ばしい焼き上がりになるはず。

溶岩石プレートのお陰で、焼肉屋さんへ行かなくても美味しく、安価で、お腹いっぱい、焼肉を楽しむ事が出来る様になりました。お肉大好き!食べ盛りさんが何人いても大丈夫です。

炭火は火加減が難しく、美味しく頂くには乗せ方を工夫したり焼き加減に注意が必要。溶岩石プレートを使えば、青空を見ながらゆっくりとおしゃべりしながら焼肉も自然も楽しめて、心も身体も癒されます♡2台あるとお肉の取り合いにならなくて便利ですよ。

高級料理屋さんでしか見たことがなかった溶岩石プレート。

使ってみて、改めて素晴らしさを実感しました。

メリットも多く、なんといってもコスパ最高です!

溶岩石プレートでお家焼肉、是非!実感して下さい。

本日もご訪問ありがとうございました。

-暮らし

Copyright© 87diary , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.