和食屋HANA

とろろレシピ3選|フードプロセッサーであっという間に完成です

f:id:keiko-blog:20190219100743j:plain

いらっしゃいませ、和食屋HANAへようこそ。

低カロリーで栄養豊富!さらに腸内環境を整え、免疫力upでアレルギーやダイエット効果もある山芋と長芋。

ツルツルすべったり、痒くなったり、すりおろすのが大変、と敬遠されがちですが・・・

フードプロセッサーを使えばあっという間にとろろが完成!とろろを使って3種類のメニューを作りました。

長いもと山芋の違いは?

f:id:keiko-blog:20190418171219j:plain

棒状の細長いのが長いも、、銀杏のような形のが山芋(自然薯とも呼ぶ)です。呼び名は違いますがどちらも山芋の仲間です。

栄養価に大きな違いはありませんが、長いもは水分が多く、淡白な味わいで粘り気は少な目、山芋は甘みもあり、粘り気が強いのが特徴です。

とろろの栄養は?

長いもも山芋も消化酵素のアミラーゼで、でんぷんの一部が分解され、胃にもたれずに生で頂ける珍しいお芋です。

f:id:keiko-blog:20190824150055j:plain

とろろは低カロリー!

100gあたり65kcalと低カロリー。

とろろの効能と効果は?

  • 良質なたんぱく質・ビタミンB群・ビタミンCが豊富⇒アンチエイジング効果
  • カリウム・マグネシウム・ミネラルが豊富⇒高血圧予防
  • 消化酵素が豊富⇒胃もたれや胃腸機能の回復
  • アミノ酸の一種のアルギニン成分で脂肪の分解を促進⇒ダイエット効果
  • 食物繊維が豊富⇒血糖値の上昇を押さえる。
  • ねばねば成分ムチン⇒抗ウィルス作用・免疫力アップ・粘膜の保護

フードプロセッサーでとろろをつくりましょう♪

f:id:keiko-blog:20190219095344j:plain

良く洗い、ビニール手袋をして、皮をむきましょう

f:id:keiko-blog:20190418171228j:plain f:id:keiko-blog:20190418171223j:plain

ビニール手袋をするのは、どちらのお芋にも含まれる、シュウ酸カルシウムという物質の結晶が、皮膚に触れると痒みを感じるから。

※調理中、万が一痒みが出た時は水で薄めた酢で、痒みのある個所を洗うと緩和されます。

フードプロセッサーであっという間に完成です!

f:id:keiko-blog:20190219095332j:plain f:id:keiko-blog:20190219100649j:plain
f:id:keiko-blog:20190219100654j:plain f:id:keiko-blog:20190219095340j:plain

皮をむいたら、3㎝ほどにカットして、フードプロセッサーに入れて、様子を見ながら攪拌します。

2~3秒ずつ、時々混ぜ合わせながら、少し粒が残っている位まででOKです。

調味料と卵を加えます

調味料は白だしとお醬油の2種類だけ。それに玉子を加えて仕上げます。

f:id:keiko-blog:20190219100734j:plain

  • 白だし 大さじ2
  • 醤油 大さじ半量
  • 卵 1~2個
f:id:keiko-blog:20190219100737j:plain f:id:keiko-blog:20190219100743j:plain

調味料と玉子を加えたら様子を見ながら、なめらかになるまで混ぜ合わせましょう。

お芋の甘みを感じる、とろとろでなめらかな、とろろ汁があっという間に出来上がりました。

とろろで作るレシピ3選のご紹介

フードプロセッサーであっという間に出来たとろろは、ご飯にかけてもお蕎麦のお供にもピッタリです。

ご飯にかけてとろろごはん

f:id:keiko-blog:20190219095344j:plain f:id:keiko-blog:20190219095253j:plain f:id:keiko-blog:20190219095250j:plain

温かいご飯の上にとろろ汁をたっぷりとかけ、刻み海苔を散らし、わさびを添えます。

根菜たっぷり、発酵食品のお味噌を使った、具沢山の豚汁と一緒に頂けば、バランスの良い献立になります。

※とろろは冷凍保存も出来ます。すぐに密閉パックにいれ、平らな状態で冷凍保存し、なるべく早めに召し上がってください。卵が入っていても大丈夫です。

f:id:keiko-blog:20190824150052j:plain

マグロを加えればさらに栄養価upです。

とろろそばはランチにピッタリ!

f:id:keiko-blog:20190617134606p:plain

とろろ汁をおそばに乗せてあったかとろろそば♪冷たいお蕎麦にも、もちろん合いますよ。

とろろの磯部揚げはお酒のおつまみに最適

f:id:keiko-blog:20180330100644j:plain

これ!すご~く美味しいです(^^)

油で揚げると、ねばねばからふわふわもちもちに変わり、食感も楽しい♪ボリュームのある一品になります。

f:id:keiko-blog:20190617140117p:plain

①フードプロセッサーで作ったとろろを、全形のりを8等分にした海苔に、スプーンですくって乗せます。

f:id:keiko-blog:20190617140157p:plain f:id:keiko-blog:20190617140350p:plain

②少な目の油を弱火(160 ~170℃)に熱し、こんがりきつね色に揚げましょう。

しっかり味が付いているので、おつまみに箸休めにおすすめの1品ですよ。

フードプロセッサーがなくても大丈夫!

フードプロセッサーもないし、洗い物も増やしたくないわ・・って方はビニール袋に荒く切った山芋を入れて綿棒等でトントンたたく!って手がありますよ。ある程度細かくなれば調味料を入れて、そのままモミモミ。ビニール袋が破れないようにくれぐれも気を付けて!

下の角をはさみで切って、好きなだけ絞り出せばシャキシャキとねばねば♪両方の食感のとろろの完成。

たたいて乗せただけの、山芋と納豆とめかぶのねばねば丼、栄養満点です!

とろろレシピ3選|フードプロセッサーであっという間に完成のまとめ

山芋類はツルツル滑ったり痒みを伴う為、扱いにくい食材と敬遠されがちです。

本来の調理方法は、すり鉢で丁寧にすりおろして作るとろろを、フードプロセッサーであっという間に完成させました。

多めに作って、小分け冷凍しておけば、食べたい時にすぐに食べられるので便利です。

主食にお酒のおつまみに、そしてランチに手軽に使えるとろろ♪

滋養強壮に優れた、栄養満点のとろろレシピを手軽に作って、健康な体を手にいれましょう。

本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

-和食屋HANA

© 2020 87diary Powered by AFFINGER5