カフェHANA

ロッテ ジャフィの作り方!復刻レシピで大切な3つのポイント

f:id:keiko-blog:20190224160428j:plain

時々、無性に食べたくなるビスケットがあります。

さっくり全粒粉のビスケットにオレンジゼリーがトッピング♬さらにその上からチョコレートがたっぷりとコーティングされた夢の様なビスケット♪

その名はロッテのジャフィ

残念なことにいつの頃からか販売されなくなりました。どうしても食べたくて、記憶をたどりながら作ってみました。

大切な3つのポイント

  1. ベースとなる素材(ビスケット・オレンジゼリー・チョコレート)選びが大切。
  2. 各素材の量が決め手。
  3. 甘さにこだわる。

記憶が頼りなのでビミョーですが、ベースのビスケットは全粒粉のビスケット。

オレンジゼリー、それにチョコレートの量と甘さは重要です。

  • 1回目はチョコレートを私好みでビターにしましたが、甘みのあるミルクの方が本物に近いことが分かりました。
  • オレンジゼリーはちょっと歯にくっつく、ねっとり感が魅力でした。マーマレードジャムにグミを入れることで解決です。
  • オレンジゼリーは薄めに、チョコレートはたっぷりが👍。
  • 完成後にしっかり冷やすことでオレンジゼリーの食感とチョコレートのパリパリ感が再現出来る。

ロッテジャフィーの作り方 その1

使った材料

  • 麦のちからビスケット
  • 森永 ビターチョコレート
  • 明治 果汁グミ 温州みかん果汁100
  • カンピー オレンジマーマレード

f:id:keiko-blog:20190224142445j:plain

果汁グミを粗く刻む

f:id:keiko-blog:20180324114145j:plain f:id:keiko-blog:20180324114214j:plain

2等分位で大丈夫。

ママレードジャムとグミを溶かす

f:id:keiko-blog:20180324114247j:plain f:id:keiko-blog:20180324114324j:plain

耐熱容器にオレンジマーマレード大さじ1とグミを入れグミがやっと溶ける位まで様子を見ながらレンチンし、オレンジジャムを作る。

オレンジジャムをビスケットに塗る

f:id:keiko-blog:20180324114353j:plain f:id:keiko-blog:20180324114418j:plain f:id:keiko-blog:20180324114444j:plain

麦のちからビスケットにオレンジジャムを全体に塗り、ジャムが固まるまで冷蔵庫で冷やす。

ビターチョコレートを溶かす

ビターチョコ使用

f:id:keiko-blog:20180324114514j:plain f:id:keiko-blog:20180324114535j:plain

チョコレートは小さく割り、完全に溶ける少し手前までレンチンする。(取り出してかき混ぜると完全に溶け、ツヤもある状態になる)

チョコを塗る

f:id:keiko-blog:20180324114615j:plain f:id:keiko-blog:20180324114653j:plain

ジャムが固まったらビスケットの角を持ちチョコレートをたっぷり付ける。

冷蔵庫でしっかり冷やす

チョコレートが完全に固まるまで冷蔵庫で冷やします。ゼリーもほどよく固まり、チョコレートもパリパリになっていい感じの出来上がりです。

ただね~チョコレートは甘いミルクの方が近いことに気付きました。

リベンジ!ジャフィーのつくり方 その2

使った材料

f:id:keiko-blog:20190224142452j:plain f:id:keiko-blog:20190224142519j:plain
  • 森永 小麦胚芽のクラッカー
  • 明治 ミルクチョコレート
  • 明治 果汁グミ 温州みかん果汁100
  • カンピー オレンジマーマレード

食べてみて小麦胚芽のクラッカーは違うことに気付きました。ビジュアルはまん丸でイメージ通りですが食感が軽すぎます。

ベースは大切!やっぱり全粒粉のビスケットが必要です。

f:id:keiko-blog:20190224142421j:plain

見つけたのがこれ、森永の全粒粉仕立てのビスケット。前回の「麦のちから」から名前は変わっているけれど、配合されているものは同じ。

さぁ、材料もそろったし1回目の教訓を生かして早速作りますよ。

ママレードジャムとグミを溶かす

f:id:keiko-blog:20190224142505j:plain f:id:keiko-blog:20190224142512j:plain

グミを2等分にし、ママレードジャムを加え、レンジで溶かす。

オレンジジャムを冷蔵庫で冷やし固める

f:id:keiko-blog:20190224142516j:plain

1回目はジャムが塗りにくかったので、今回はラップを敷いたバットに流し入れ、粗熱が取れてから冷凍庫で冷やして、固めました。

カットしてビスケットに乗せる

f:id:keiko-blog:20190224142425j:plain

固まったらビスケットより一回り小さくカットして並べます。手にも付かず効率的で時短にもなりました。

ミルクチョコレートを溶かす

ミルクチョコレート使用

f:id:keiko-blog:20190224142429j:plain f:id:keiko-blog:20190224142432j:plain f:id:keiko-blog:20190224142435j:plain

1回目でビターチョコではなく甘みのあるミルクチョコの方が本物に近いことが分かったので、今回は迷わずミルクチョコレートを使用。

レンチンして7割ほど溶けたところで取り出し、かき混ぜながら予熱で溶かして艶を出します。

チョコレートを塗る

f:id:keiko-blog:20190224142435j:plain f:id:keiko-blog:20190224142438j:plain f:id:keiko-blog:20190224142441j:plain

1回目はビスケットの角を持ってチョコの入ったお更にドボン。2回目はビスケットの上からスプーンで塗ってみました。

結局チョコレートはどちらのやり方もきれいに塗れませんでした💦

冷蔵庫でしっかり冷やす

チョコレートが完全に固まるまで冷蔵庫で冷やします。

チョコレートのパリパリ感、オレンジジャムのねっとり感、そして胚芽の食感♬

早く食べたくて毎回、固まるまで待ちきれません。が我慢です。

本物のジャフィーはまん丸でチョコもたっぷりときれいにトッピングされていて、表面に格子柄があったっけ(懐かしむ遠い目)。

感想とまとめ

  • 想像していた以上にあの頃食べたジャフィーに近い。
  • ちょっと歯にくっつくオレンジゼリーもグミを加えることでまさしく同じ食感。
  • 形は違えど全粒粉・小麦胚芽・ライ麦・オーツ麦配合のビスケットを使ったのでサクサク感も遜色なし。

リベンジの2回目はジャフィにさらに近づけて大成功!👏感動の嵐!!(笑)

嬉しい~♪美味し~い♪子供達も「お母さん、これ売れるよ!」って♡

ロッテさ~ん!待ってる人沢山いると思いますよ~。もう販売されないのでしょうか?

今回かかった費用

  • 森永 全粒粉仕立てのビスケット 278円
  • 明治 ミルクチョコレート 90円
  • 明治 果汁グミ 温州みかん果汁100 80円
  • カンピー オレンジマーマレード 家にあったので0円

ネットで発見!ジャフィーかな⁉

パールセン「メッシーノ ミニ」

f:id:keiko-blog:20190325154713j:plain

濃縮オレンジジャムにビターチョコのコーティング♪?

えっ?まさかのジャフィー♡?と期待が膨らんでポチッ。

f:id:keiko-blog:20190325154720j:plain f:id:keiko-blog:20190325154723j:plain

ん~ん?生地が全粒粉のザクザク感がなく、ビスケットのような優しい食感、チョコレートの味も微妙…。残念⤵

f:id:keiko-blog:20190325154709j:plain

見た目は似ていても食感も味も今一つ、で・し・た。

本日もご訪問くださり、ありがとうございました

-カフェHANA

Copyright© 87diary , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.