カフェHANA

【ロッテ ジャフィ再現レシピ】ポイントは5つ!オレンジとチョコが魅力です

f:id:keiko-blog:20190224160428j:plain

さっくり全粒粉ビスケットにオレンジジャムがサンド、さらにチョコレートがたっぷりとコーティングされた夢の様なビスケット♪

その名はロッテのジャフィ!

残念なことにいつの間にか販売されなくなって…でも!時々無性に食べたくなるリッチなビスケットです。

ロッテ ジャフィ再現レシピのポイント5つ

ビスケットの生地、オレンジの食感、チョコレートの甘さとオレンジとのバランスなどポイントは5つ!

ジャフィ再現のポイント5つ

  • ビスケットはザクザク食感の全粒粉仕立て
  • チョコレートは甘めのミルク
  • マーマレードジャムにグミをプラス(オレンジゼリーはねっとり感が大事)
  • オレンジゼリーは薄めに、チョコレートはたっぷりと
  • 完成後にしっかり冷やす(オレンジゼリーの食感とチョコレートのパリパリ感が魅力)

再現レシピ(1回目)

使った材料

  • 麦のちからビスケット 1箱14枚
  • 森永 ビターチョコレート 1枚50g
  • 明治 果汁グミ 温州みかん果汁100 1袋
  • カンピー オレンジマーマレード 大さじ1

f:id:keiko-blog:20190224142445j:plain

つくり方

こだわりのオレンジジャムを作る

オレンジジャムはちょっとねっとりと歯にくっつく食感が魅力です。

f:id:keiko-blog:20180324114145j:plain f:id:keiko-blog:20180324114214j:plain

グミを溶けやすいように2等分にカットして、ママレードジャムをプラス。

f:id:keiko-blog:20180324114247j:plain f:id:keiko-blog:20180324114324j:plain

耐熱容器にオレンジマーマレード大さじ1とグミを入れてグミがやっと溶ける位まで様子を見ながらレンチンし、オレンジジャムを作る。

オレンジジャムをビスケットに塗る

f:id:keiko-blog:20180324114353j:plain f:id:keiko-blog:20180324114418j:plain f:id:keiko-blog:20180324114444j:plain

麦のちからビスケットにオレンジジャムを全体に塗り、ジャムが固まるまで冷蔵庫で冷やす。粘度があるので塗りにくい^^;

ビターチョコレートを溶かす

f:id:keiko-blog:20180324114514j:plain f:id:keiko-blog:20180324114535j:plain

チョコレートは小さく割り、完全に溶ける少し手前までレンチンする。(取り出してかき混ぜると完全に溶けてツヤも出る)

チョコを塗る

f:id:keiko-blog:20180324114615j:plain f:id:keiko-blog:20180324114653j:plain

ジャムが固まったらビスケットの角を持ちチョコレートをたっぷりのせる。

冷蔵庫で冷やす

チョコレートが完全に固まるまで冷蔵庫でしっかりと冷やす。ゼリーもほどよく固まり、チョコレートもパリパリでいい感じの仕上がり。

だがしかし!チョコレートの味が違います。

ビターじゃない!

再現レシピ(2回目)

使った材料

f:id:keiko-blog:20190224142452j:plain f:id:keiko-blog:20190224142519j:plain
  • 森永 小麦胚芽のクラッカー 1箱
  • 明治 ミルクチョコレート 1枚
  • 明治 果汁グミ 温州みかん果汁100 1袋
  • カンピー オレンジマーマレード 大さじ1

食べてみて小麦胚芽のクラッカーは違うことに気付きました。ビジュアルはまん丸でイメージ通りですが食感が軽すぎます。

生地は大切!やっぱり全粒粉のビスケット1択です。

f:id:keiko-blog:20190224142421j:plain

見つけたのがこれ、森永の全粒粉仕立てのビスケット。前回の「麦のちから」から名前は変わっているけれど、配合されているものは同じ。

ビジュアルじゃなく大切なのは食感。

1回目の教訓を生かして今度こそ!

つくり方

ママレードジャムとグミを溶かす

f:id:keiko-blog:20190224142505j:plain f:id:keiko-blog:20190224142512j:plain

グミを2等分にし、ママレードジャムを加え、レンジで溶かし、よく混ぜ合わせる。

オレンジジャムは塗る前に冷やし固める!

f:id:keiko-blog:20190224142516j:plain

1回目はジャムが塗りにくかったので、今回はラップを敷いたバットに薄く伸ばし、粗熱が取れてから冷凍庫で冷やし固めました。

カットしてビスケットに乗せる

f:id:keiko-blog:20190224142425j:plain

固まったらビスケットより一回り小さくカットしてビスケットへ乗せます。手も汚れず、乗せるだけなので簡単であっという間です。

ミルクチョコレートを溶かす

f:id:keiko-blog:20190224142429j:plain f:id:keiko-blog:20190224142432j:plain f:id:keiko-blog:20190224142435j:plain

1回目でビターチョコではなく甘みのあるミルクチョコの方が本物に近いことが分かったので、今回は迷わずミルクチョコレートを使用。

耐熱容器にチョコを割り入れて、様子を見ながらレンチンする。7割ほど溶けたところで取り出し、かき混ぜながら予熱で溶かして艶を出す。

チョコレートをたっぷり塗る

f:id:keiko-blog:20190224142435j:plain f:id:keiko-blog:20190224142438j:plain f:id:keiko-blog:20190224142441j:plain

1回目はビスケットの角を持ってチョコの入ったお更にドボン。2回目はビスケットの上からスプーンで塗ってみました。

結局チョコレートはどちらのやり方もきれいに塗れません💦

冷蔵庫でしっかり冷やす

チョコレートが完全に固まるまで冷蔵庫で冷やします

チョコレートのパリパリ感、オレンジジャムのねっとり感、そして胚芽の食感

早く食べたくて固まるまで待ちきれません(笑)

本物のジャフィーはまん丸でチョコもたっぷりときれいにトッピングされていて、表面に格子柄があったっけ。

【ロッテ ジャフィ再現レシピ】ポイントは5つ!オレンジとチョコが魅力ですのまとめ

ロッテのジャフィーのモデルは英国マクビティー社が作ったジャフアーケーキ。

それを日本のロッテが1978年にビスケットとしてジャフィーを誕生させた、全粒粉ビスケットにオレンジジャムをサンドし、チョコレートコーティングした夢のようなビスケットでした。

試行錯誤と5つのポイントで、想像以上に懐かしいリッチなジャフィーに近づけました!

子供達も「お母さん、これ売れるよ」って!

ロッテさ~ん!待ってる人沢山いますよ。復活して下さ~い♡(笑)

今回かかった費用

  • 森永 全粒粉仕立てのビスケット 278円
  • 明治 ミルクチョコレート 90円
  • 明治 果汁グミ 温州みかん果汁100 80円
  • カンピー オレンジマーマレード 家にあったので 0円

おまけ:ネットで発見!ジャフィーかな⁉

f:id:keiko-blog:20190325154720j:plain f:id:keiko-blog:20190325154723j:plain

パールセン「メッシーノ ミニ」

濃縮オレンジジャムにビターチョコのコーティング♪?

えっ?まさかのジャフィー♡?と期待が膨らんでポチッ。

ん~ん?生地が全粒粉のザクザク感がなく、ビスケットのような優しい食感、チョコレートの味も微妙…。残念⤵

f:id:keiko-blog:20190325154709j:plain

見た目は似ていても食感も味も今一つのビスケットで・し・た。

  • 運営者はどんな人?

HANA

HANAのブログには身体が喜ぶ美味しいお料理や、身近な材料で簡単に出来るスイーツのレシピ、お役立ち100均グッズの記事がいっぱい♪ハンドメイド・植物も大好きです♡

-カフェHANA

© 2021 87diary Powered by AFFINGER5