居酒屋HANA

ロールキャベツの作り方!失敗しない4つのポイント 

f:id:keiko-blog:20181011151054j:plain

キャベツが甘みを増して美味しい季節になりました。

肉だねの作り方・巻き方・煮込むときのコツ・火加減等4つのポイントを押さえるだけで煮崩れず、ジューシーで美味しいロールキャベツが簡単に作れます。

キャベツだけでなく白菜やレタス、味付けもいろいろなバリエーションで楽しめるのでその日の気分、冷蔵庫のお野菜と相談して作るのもいいと思います。

おいしいロールキャベツを作るための準備

f:id:keiko-blog:20181012113629j:plain f:id:keiko-blog:20181012114918j:plain

材料

  • キャベツ
  • ひき肉
  • 玉ねぎ
  • コンソメ
  • ベーコン

下準備

①キャベツを茹で、たまねぎ・ベーコンはみじん切り

f:id:keiko-blog:20181011151111j:plain f:id:keiko-blog:20181011151114j:plain

キャベツの根元に包丁で切れ目を入れ丁寧に1枚づつはがし、塩少し入れた、たっぷりの熱湯でしんなりするまで茹でる。

玉ねぎとベーコンはみじん切りにする。

②キャベツの芯をそぎ、肉だねを作る

f:id:keiko-blog:20181011151133j:plain f:id:keiko-blog:20181011151124j:plain

茹で上がったキャベツは巻き易い様に芯の部分を削ぎ、平らにする。

(そぎ取った芯も細かく刻み、肉だねに加える)

その1 肉だねの作り方

  • 肉だねは粘りが出るまで良くこねる
f:id:keiko-blog:20181011151135j:plain f:id:keiko-blog:20181011151137j:plain f:id:keiko-blog:20181011151140j:plain

ひき肉・玉ねぎ・ベーコン・卵・パン粉少々をボウルに入れ、ハンバーグを作る時の様に良くこね、塩・コショーで下味を付ける。

小さめの葉に一度巻き、大き目の葉でさらに巻く。

その2 巻き方も重要

  • 一方を巻かずに巻き終わりを丁寧に
f:id:keiko-blog:20181011151142j:plain f:id:keiko-blog:20181011151145j:plain f:id:keiko-blog:20181011151147j:plain

左右どちらか一方を巻き込まずにクルクルと巻く。

巻き終わりの時、巻き込まなかった側の葉を優しく中へ押し込む

その3 鍋の選び方と並べ方が大切

  • 巻き終わりを下にして、きっちり並べる
f:id:keiko-blog:20181011151151j:plain f:id:keiko-blog:20181011151155j:plain

全てのロールキャベツがやっと入る鍋に巻き終わりを下にして隙間なく並べる。

その4 火加減と落し蓋に注意

  • 落し蓋をして弱火で煮込む

f:id:keiko-blog:20181011151206j:plain

水・コンソメを入れ、落し蓋をして弱火で煮込む。

強火にするとロールキャベツが踊り、煮崩れる原因になります。

弱火でコトコト煮込みます。

おいしいロールキャベツが完成!

f:id:keiko-blog:20181011151054j:plain f:id:keiko-blog:20181011151102j:plain

今回はウインナーソーセージも入れ、スープ多めに仕上げました。

スープ少な目、仕上げにケチャップをトッピングすれば子供も大好きな味♪

黒コショーとあればパセリを振る。

4つのポイントおさらい

  1. 肉だねは塩こしょうで味付けし、良くこねる。
  2. 巻き方・巻き終わりを丁寧に。
  3. 巻き終わりを下にし、隙間なく入る大きさの鍋を選ぶ。
  4. 煮崩れしない様に落し蓋をし、弱火で煮込む。

まとめ

キャベツでなくても白菜やレタス、味付けもクリーム味・ケチャップ味・和風味、スープも多め少な目等、バリエーションも豊富なので、家族構成やその日の気分で変化させるのも楽しい。

又、主食はパスタ、ピラフ、オムライス、ガーリックトースト等、ちょっとひと手間加えると喜ばれます。

夏の疲れが出やすく、風邪ひきさんも増えてきました。

身体を冷やさない様にして睡眠を十分とりたいですね。

✨本日もご来店頂き、ありがとうございました✨

-居酒屋HANA

Copyright© 87diary , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.