お出かけスポット

【武蔵御嶽神社】晩秋の奥多摩へ紅葉狩りに行きました【麦山の浮橋】

f:id:keiko-blog:20181130110752j:plain

こんにちは、HANAです。

都心からわずか1時間ほどで行ける自然豊かな奥多摩。

御岳山山頂にある【武蔵御嶽神社】と奥多摩湖を歩いて渡れる【麦山の浮橋】へ行き、晩秋の紅葉ドライブを楽しみました。

滝本駅から御岳山駅へ

f:id:keiko-blog:20181130110847j:plain f:id:keiko-blog:20181130110443j:plain f:id:keiko-blog:20181130110447j:plain

静かで美しい景色が広がります。

滝本駅駐車場に車を止めて、ケーブルカーで御岳山駅へ向かいます。

f:id:keiko-blog:20181130110440j:plain f:id:keiko-blog:20181130110450j:plain f:id:keiko-blog:20181130110457j:plain

標高423.6m、最大勾配斜度25度の急勾配を6分ほど上ると、パワースポットの宝庫で知られる、御岳山駅に到着です。

f:id:keiko-blog:20181130110415j:plain f:id:keiko-blog:20181130110509j:plain f:id:keiko-blog:20181130110606j:plain

産安社

f:id:keiko-blog:20181130110613j:plain f:id:keiko-blog:20181130111949j:plain f:id:keiko-blog:20181130110619j:plain

御岳山からリフトを乗り継ぎ、3本の巨木がある小さな社「産安社」を参拝しました。

境内には安産杉・夫婦杉・子授檜の御神木が、安産、子育ての神様とともに祀られています。

武蔵御嶽神社

f:id:keiko-blog:20181130110419j:plain f:id:keiko-blog:20181130110506j:plain f:id:keiko-blog:20181130110423j:plain

さぁ、ここから御岳山山頂の武蔵御嶽神社を目指します。地図を見ると結構な距離がありますがマイナスイオンを身体いっぱい感じながら木漏れ日の美しい山道を進みます。

f:id:keiko-blog:20181130110345j:plain f:id:keiko-blog:20181130110835j:plain f:id:keiko-blog:20181130110827j:plain

杉や檜の参道を抜けると宿坊や茅葺屋根の民家の集落。

f:id:keiko-blog:20181130110658j:plain f:id:keiko-blog:20181130110709j:plain f:id:keiko-blog:20181130110727j:plain

樹齢推定1千年といわれる神代けやき(左写真)に元気を頂き、傾斜の厳しいラストスパートの階段を上ります💦

f:id:keiko-blog:20181130110818j:plain f:id:keiko-blog:20181130110752j:plain

日本武尊が難を逃れる為に導いたと伝わる、白・黒の狼が祀られる武蔵御嶽神社にようやく到着しました。

盗難・魔除けの神「おいぬ様」で親しまれた「大口真神(おおくちのまかみ)」は、犬に見えますが実は日本狼だそうです。

f:id:keiko-blog:20181130110810j:plain f:id:keiko-blog:20181130110807j:plain f:id:keiko-blog:20181130110839j:plain

青い空に冬桜?と紅葉がとっても美しい!

f:id:keiko-blog:20181130110433j:plain f:id:keiko-blog:20181130110348j:plain

お参りをして御嶽駅まで戻り、再びケーブルに乗って下山し奥多摩湖を目指します。

奥多摩湖

f:id:keiko-blog:20181130110857j:plain f:id:keiko-blog:20181130110936j:plain f:id:keiko-blog:20181130110928j:plain

奥多摩湖は水道専用貯水池として日本最大級を誇る人造湖です。

奥多摩湖のほとりにある「水と緑のふれあい館」にあるレストランで遅い昼食を食べて、湖を彩る紅葉を楽しみながら、湖を歩いて渡れる橋へと向かいました。

麦山の浮橋

f:id:keiko-blog:20181130110436j:plain f:id:keiko-blog:20181130110905j:plain f:id:keiko-blog:20181130110918j:plain

現在はポリエチレン・発泡スチロール製の浮子で出来ていますが、昔はドラム缶で作られていたことから「ドラム缶橋」と呼ばれています。

f:id:keiko-blog:20181130110908j:plain

晩秋の黄昏時、人気のいない橋に佇み、コバルトブルーの水面に映る湖畔の紅葉を見つめていると、心も体も軽くなって湖面を歩けそうな錯覚を覚えました。

まとめ

奥多摩は見どころが沢山。

鳩ノ巣渓谷・鳩ノ巣小橋・玉堂美術館前の銀杏・日原渓谷の鍾乳洞等々。

又来年も人並みを避けてそっと訪れたい紅葉スポットです。

きっと、新緑の季節もきれいでしょうね。

✨本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました✨

-お出かけスポット

Copyright© 87diary , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.