カフェHANA

1度食べたらやみつき!?お餅レシピ7選

いらっしゃいませ!和食屋HANAへようこそ。

小腹が空いた時にいただきたい、みんな大好き!見た目も可愛いイチゴ大福やおかきはいかがですか?

主食にもなるおこわやお好み焼きも、1度食べたらやみつきになっちゃうおすすめのおもちレシピばかり7選をまとめました。

イチゴ大福

苺の季節には絶対食べたい!見た目も可愛いイチゴ大福♪苺の酸味とあんこの甘みがたまりません。

用意するもの

  • おもち 3個
  • いちご 6個
  • あんこ 180g
  • 砂糖 大さじ半分
  • かたくり粉 適量
  • 水 大さじ3

つくり方

1.耐熱容器にお餅を薄く切って水を加え500wで2分加熱する。取り出してよく混ぜ、さらに30秒加熱し粗熱をとる。

2.片栗粉の上にお餅を広げ6等分にする。

3.ラップの上であんこ30gにいちごをつける。

4.6等分にしたお餅でいちごをくるむ。

※ラップを手の平に広げて作ると手に付かなくてやりやすいですよ♪

高級おかき⁉

f:id:keiko-blog:20190110132228j:plain

お醤油の香りがたまらないおかき、食べ始めたら止まらなくなるので要注意!です。

f:id:keiko-blog:20190110131005j:plain f:id:keiko-blog:20190110131008j:plain

つくり方

1.きり餅は1㎝位の大きさにカットして天日でひび割れるまで1~2日干す。※水分を抜くとカリッと仕上がります。

f:id:keiko-blog:20190110131100j:plain f:id:keiko-blog:20190110131011j:plain f:id:keiko-blog:20190110131018j:plain

2.170℃位の中温に熱した、少なめの油でじっくり揚げる。

※さい箸を油に入れて、箸全体から細かい泡が出るくらいが170℃

高温で一気に上げると中まで火が通る前に色づいてしまうので注意。

3.油を切って、熱いうちにお醤油をジュワ~ッ!っと回しかける。

f:id:keiko-blog:20190110132228j:plain

買うとお高い、高級おかきの完成!

砂糖醤油・カレー塩・海苔チーズも試してみました

どれも止まらない美味しさ♪カレー塩と海苔チーズはまるでスナック菓子の様です。ビールのお供にもおすすめ!

あげ餅のみぞれあん

揚げたお餅に甘じょっぱいあんとたっぷりの大根おろし、最後にしょうがで、きりっとアクセントをつけた、胃にもやさしい1品。

用意するもの

f:id:keiko-blog:20190110131029j:plain f:id:keiko-blog:20190110131038j:plain
  • お餅 4個
  • 大根(大根菜も一緒に) 3㎝程
  • 椎茸(きのこ類) 2個
  • 冷蔵庫のお野菜何でも 適量
  • つゆの素 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • ほんだし 小さじ1
  • 片栗粉 小さじ2(小さじ3の水で溶いておく)

つくり方

f:id:keiko-blog:20190110131032j:plain f:id:keiko-blog:20190110131035j:plain

1.お餅は半分にカット。大根菜と椎茸は細かく切っておく。

f:id:keiko-blog:20190110131100j:plain f:id:keiko-blog:20190110131111j:plain f:id:keiko-blog:20190110131119j:plain

2.おかきの時と同様、中温でお餅を揚げ、油を切っておく。

f:id:keiko-blog:20190110131042j:plain f:id:keiko-blog:20190110131048j:plain f:id:keiko-blog:20190110131054j:plain

3.好みの味加減にだしを作り、野菜を入れひと煮立ちさせ、片栗粉でとろみを付ける。

f:id:keiko-blog:20190110131129j:plain f:id:keiko-blog:20190110131138j:plain f:id:keiko-blog:20190110131149j:plain

4.大根は良く洗い、食べる直前に皮ごとすりおろす。絞り汁はあんに混ぜ、最後にもうひと煮立ちさせる。

f:id:keiko-blog:20190110131153j:plain f:id:keiko-blog:20190110131003j:plain f:id:keiko-blog:20190110130958j:plain

5.器にお餅を入れあんをかけ、大根おろしをたっぷり盛り、しょうがを添える。

※大根おろしはおろしたてがビタミンCが豊富!食物繊維もたっぷりで、疲れた胃腸にもやさしい。消化酵素のジアスターゼは熱に弱いので、出来れば加熱せずに頂くのがベストです。

黒豆大福

f:id:keiko-blog:20190111125131j:plain

おせちの残りの黒豆を使って黒豆大福を作りました♪

用意するもの

f:id:keiko-blog:20190111125021j:plain

  • 切り餅 5個
  • 黒豆 適量
  • あんこ 200g
  • 砂糖 大さじ2
  • 片栗粉 適量

つくり方

f:id:keiko-blog:20190111125027j:plain f:id:keiko-blog:20190111125030j:plain f:id:keiko-blog:20190111125037j:plain

1.耐熱皿に切り餅が浸る位の湯を張り、様子を見ながらお餅がぷく~っとなるまでレンチンする。(500wで4~5分)

f:id:keiko-blog:20190111125040j:plain f:id:keiko-blog:20190111125047j:plain f:id:keiko-blog:20190111125050j:plain

2.取り出して水気を切り砂糖を混ぜ、大さじ1の湯を入れてさらに30秒レンジにかける。

f:id:keiko-blog:20190111125101j:plain f:id:keiko-blog:20190111125107j:plain f:id:keiko-blog:20190111125111j:plain

3.お餅がなめらかに柔らかくなったら、水気を拭いた黒豆を混ぜ合わせる。

f:id:keiko-blog:20190111125024j:plain f:id:keiko-blog:20190111125057j:plain

4.40gのあんこ玉を5つ作り、バットに片栗粉を敷く。

f:id:keiko-blog:20190111125121j:plain f:id:keiko-blog:20190111125127j:plain
5.片栗粉を敷いた上に生地を移し、5等分にしてあんこ玉を包む。

f:id:keiko-blog:20190111125137j:plain

ゴロゴロ黒豆が美味しい!固くなったらラップをして30秒ほどレンチンすれば柔らかさが戻ります。黒豆がない方!大丈夫です。塩を5gほど生地に足せばシンプルで美味しい塩大福の出来上がりです。

オニオンスープ餅

f:id:keiko-blog:20190111222950j:plain

朝ごはんにも寒い日のお夜食にもピッタリな、身体の温まるスープ餅。玉ねぎの旨味がたっぷりなスープを前の晩に作っておけば、忙しい朝もさっと食べられて便利です。

用意するもの

f:id:keiko-blog:20190111125140j:plain

  • お餅2個
  • 玉ねぎ 1個
  • バター 大さじ1
  • とろけるチーズ2枚
  • コンソメ1個
  • ローリエ(なくてもOK)
  • 塩コショー
  • パセリ(なくてもOK)

作り方

f:id:keiko-blog:20190111125148j:plain f:id:keiko-blog:20190111125150j:plain f:id:keiko-blog:20190111125157j:plain

1.薄くスライスした玉ねぎをバターでしんなりするまで炒める。

f:id:keiko-blog:20190111222939j:plain

2.ローリエ、コンソメを加え、弱火でコトコト30分ほど煮込む。

f:id:keiko-blog:20190111222945j:plain f:id:keiko-blog:20190111222947j:plain

3.こんがり焼いたお餅を耐熱容器に入れ、オニオンスープを注ぎ、とろけるチーズを乗せたらオーブンでチーズが溶けるまで焼く。

f:id:keiko-blog:20190111222950j:plain f:id:keiko-blog:20190111222952j:plain

やけどに気を付けて、ふ~ふ~しながら熱々を召し上がれ。寒い朝にピッタリ!心も身体も温まりますよ♪

もち米なしでもちもちおこわ

f:id:keiko-blog:20190121153457j:plain

用意するもの

  • お米 2合
  • おもち 2個
  • 炊き込みご飯の素 適量

つくり方

f:id:keiko-blog:20190121153314j:plain

1.米はとぎ、お餅は1㎝程の大きさにカットする。

f:id:keiko-blog:20190121153327j:plain f:id:keiko-blog:20190121153331j:plain

2.水加減は煮汁と水を足しておこわのラインに合わせ、具材を混ぜ込まずに乗せてお餅をパラパラと置く。今回は冷凍庫で保存の豚肉、干しシイタケ、たけのこ、人参をオイスターソースで味付けした炊き込みご飯の素を使用しました。

f:id:keiko-blog:20190121153416j:plain f:id:keiko-blog:20190121153425j:plain

3.炊き上がりはお餅がべた~っとなっていますが、よく混ぜ合わせると米と馴染み、もち米に負けない美味しさです。翌日のランチにおむすびにしましたがもちもち感はそのまま。もち米なしでも手軽におこわの完成です。

餅、明太子、チーズのお好み焼き

f:id:keiko-blog:20190121153439j:plain

用意するもの

f:id:keiko-blog:20190121153318j:plain

  • お餅 2~3枚(薄くスライス)
  • 明太子 1腹
  • キャベツ 適量、
  • 小麦粉 大さじ2杯
  • 卵 1個
  • 揚げ玉 適量
  • とろけるチーズ 2~3枚

つくり方

f:id:keiko-blog:20190121153333j:plain f:id:keiko-blog:20190121153337j:plain f:id:keiko-blog:20190121153345j:plain

1.明太子は皮を取る。ボウルに小麦粉、卵、キャベツ、揚げ玉、水少しを加え、よく混ぜ合わせて生地を作る。

f:id:keiko-blog:20190121153350j:plain

2.スライスしたお餅は油を少し入れたフライパンで両面焼く。

f:id:keiko-blog:20190121153404j:plain f:id:keiko-blog:20190121153407j:plain

3.おもちの上に①の生地を流し入れ、とろけるチーズを乗せてひっくり返す。

f:id:keiko-blog:20190121153419j:plain

4.お餅も生地と馴染んでいい感じです。チーズも溶けてパリパリになって、フライパンをゆすって動くようになればお皿に盛り付ける。

f:id:keiko-blog:20190121153439j:plain f:id:keiko-blog:20190121153445j:plain

5.お好み焼きソース、マヨネーズ、鰹節、青のりをトッピングする。

f:id:keiko-blog:20190121153504j:plain

明太子とチーズがお餅と良く合って後引く美味しさですよ。

お好きなお餅レシピはありましたか?

これからの季節はインフルエンザも流行り出します。

手洗いうがいを励行して寒い毎日を元気に過ごしましよう。

本日もご来店くださり、ありがとうございました。

-カフェHANA

© 2020 87diary Powered by AFFINGER5