和食屋HANA

カラッとてんぷらのつくり方♪美味しく揚げる5つのポイント

f:id:keiko-blog:20180906131816j:plain

いらっしゃいませ、和食屋HANAへようこそ。

カラッと揚がったてんぷら、美味しいですよね。

食材に衣を付けて油で揚げればてんぷらなのですが、衣の加減や、べちゃっとした仕上がりになったりとてんぷらってなかなか奥が深い。

初めてでも上手に揚げられる5つのポイントをおさえて、おうちで美味しくカラッとてんぷらを楽しみましょう。

てんぷらを美味しく揚げる5つのポイント

てんぷらはちょっと敷居が高くて、家で揚げる回数少なくありませんか?てんぷら粉がいつもあるとは限らないし1度購入しても余りがち。

てんぷら粉の代わりに小麦粉と片栗粉、卵がない時はマヨネーズを使い、5つのポイントでカラッと美味しいてんぷらを揚げられます。

  1. 具材は冷やしておく。
  2. 水分が多く、油跳ねしやすい具材は小麦粉をまとわせる
  3. ころもは直前に作り、混ぜすぎない
  4. 揚げる温度は食材で変える
  5. 揚げる順番は野菜類から

ころもの準備

小麦粉と片栗粉の割合は10:1です。

f:id:keiko-blog:20180906131734j:plain

  • 小麦粉200g
  • 片栗粉20g
  • 卵1個(マヨネーズ大さじ1.5でもOK)
  • 冷水200cc

ころものつくり方

f:id:keiko-blog:20180906131736j:plain f:id:keiko-blog:20180906131741j:plain f:id:keiko-blog:20180906131748j:plain

卵があればをボウルに入れて白身を切るように、なければマヨネーズを入れて良くかき混ぜる。粉はふるってサクッとダマが残る位に混ぜる。

食材の下ごしらえ

f:id:keiko-blog:20180906131802j:plain f:id:keiko-blog:20180906131806j:plain f:id:keiko-blog:20180906131839j:plain
  • 茄子は縦に4等分
  • いんげんは2等分
  • 舞茸・春菊は小房に分ける
  • ゴーヤ・カボチャは種を取り5㎜厚さ。
  • 玉ねぎ・にんじんは薄切り
  • 海老は塩と片栗粉で揉みあらいし、流水で2度ほど洗い流し、水気を拭きとる。

下ごしらえが済んだ食材は揚げる間際まで冷蔵庫で冷やしておく。

油の温度と揚げ方

f:id:keiko-blog:20180906131750j:plain f:id:keiko-blog:20180906131809j:plain f:id:keiko-blog:20180906131812j:plain

衣を落として、ゆっくり上がる位の160℃野菜から揚げ始める。

かぼちゃも茄子もいんげんも小麦粉をまとわせておくと衣のつきがよくなります。かぼちゃは竹串などをさし、柔らかくなったか確認してください。

f:id:keiko-blog:20180906131724j:plain f:id:keiko-blog:20180906131726j:plain f:id:keiko-blog:20180906131729j:plain

かき揚げは特に、揚げる直前に食材をビニール袋に入れて小麦粉を薄くまぶしてから衣にくぐらせ、鍋肌からそっと落とし入れると食材同士が離れ離れにならずにきれいに上がります。油に落としたら、しばらくはそのまま触らないようにしましょう。

ゴーヤのかき揚げは玉ねぎ、コーン、干しエビ等と相性が良く、玉ねぎやコーンの甘み、干しエビの香ばしさで苦みが苦手な方も気になりません。

途中で真ん中に菜箸を入れて火の通りを良くしましょう。

f:id:keiko-blog:20180906131820j:plain

野菜類を揚げ終えたら温度を180℃に揚げて、海鮮類や魚を揚げます。一番最後に揚げるのは油が一気にいたみ、汚れてしまうから。

揚げ方の注意点

  • 油の汚れの少ない野菜類から。
  • 油の温度差が出るので少量づつ。
  • 野菜類は低温でじっくり。
  • 海鮮類は温度を高くして短時間で。
  • 立てかける様にして油をしっかりと切る。
f:id:keiko-blog:20180906131816j:plain f:id:keiko-blog:20180906131818j:plain
f:id:keiko-blog:20180906131826j:plain f:id:keiko-blog:20180906131731j:plain

カラッとサクサクに揚がってとっても美味しそうです!

藻塩や天つゆ、レモンをかけて召し上がれ。

残ったてんぷらは冷凍も出来ます!

あれもこれもと食材が多くなるとてんぷら屋さんの様になって食べきれずに残ります。

そんな時におすすめなのが冷凍。

1回分ずつ密閉袋に重ならないように入れて冷凍すれば食べたい時にすぐに食べられて便利です。

温め方

冷凍の場合は自然解凍してから、電子レンジではなくオーブントースターで様子を見ながら温めます。

べチャッ、とならずにカラッとがよみがえります。

「カラッと天ぷらのつくり方♪美味しく揚げる5つのポイント」のまとめ

気構えなくてもポイントさえ押さえれば、カラッとてんぷらは美味しく揚げられます。

食材もお好きな物何でもOK!子供の好きなウインナーソーセージやサツマイモやれんこん、ごぼうなどの根菜、旬のたけのこやソラマメ等々…。

きれいな油を使い、好きな食材で揚げた出来立て!あつあつのお家てんぷらは最高です。

旬の食材を使って、食べたい時に食べたいだけ食べられるなんて最高の幸せです。

お好きな組み合わせのかき揚げも自由自在。

残ったてんぷらは冷凍しておいて、食べたい時にてん丼にしたり、おうどんやお蕎麦のお供に大活躍♪

お家てんぷら♪挑戦してみませんか?


-和食屋HANA

© 2021 87diary Powered by AFFINGER5