洋食屋HANA

【コロッケレシピ】お肉屋さんみたいにつくる5つのポイント!

こんにちは、洋食屋HANAです。

揚げたてのコロッケ♪みんな大好きですよね。あまいとろとろのじゃがいもコロッケをはふはふほおばる幸せ、たまりません!おうちでもお肉屋さんみたいに美味しくつくる5つのポイントをご紹介します。

【コロッケレシピ】用意するもの

じゃがいもの種類は色々ありますが、コロッケづくりにはほくほく食感が特徴の男爵が美味しいですよ。

材料と調味料

  • じゃがいも(男爵) 500g
  • 豚ひき肉 150g
  • 玉ねぎ 1個
  • しょうゆ 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 牛乳 大さじ1
  • コンソメ 1個
  • バター 10g
  • サラダ油 小さじ1
  • 塩・コショー

お肉屋さんみたいにつくる5つのポイント!

さぁ!早速お肉屋さんみたいなコロッケづくりスタート♪

ポイント1 じゃがいもは熱いうちにつぶす

じゃがいもは横にして5㎜厚さの輪切りにし、塩小さじ2を振り入れて水から茹でる。

 

すっと竹串が通る様になったら水を切り、水分を飛ばしながら熱いうちにつぶす

ポイント2 ひき肉は調味し水分を飛ばす

玉ねぎはみじん切りにし、バターで炒め塩コショーする。(しんなりするまで炒めなくても大丈夫)

豚ひき肉はサラダ油を入れパラパラになる様に炒め、調味料(砂糖と醤油は大さじ2、牛乳大さじ1、コンソメ1個)を順に入れる。

時々かき混ぜて調味液の水分を飛ばしながらひき肉に味を含ませる。

ポイント3 たねは衣を付ける前に冷やす

じゃがいもと玉ねぎ、ひき肉を混ぜ合わせバットなどに移して粗熱をとり、冷蔵庫に入れて冷やす。破裂を防ぐことができます!

ポイント4 衣は全体につける

よく冷えた種を成形し、小麦粉→たまご→パン粉の順に衣をまんべんなく全体にしっかりつける。

ポイント5 一度にたくさん揚げない

お肉屋さんのフライヤーと家庭のフライパンは入る油の量が違います。一度に沢山揚げようとすると、油の温度が変わり破裂したり油っぽくなって、カラッと揚がりません。今回は直径26㎝で深さ5~6㎝の大き目のフライパンを使用しましたがそれでも4~5個位が適量かもです。

そしてもう一つ、油に入れたら衣を傷つけないように、しばらく触らないことも大切。

パン粉を落として途中まで沈んで上がってくるくらいの170~180℃の温度で表裏2~3分ずつ揚げて、しっかり油を切る。たねにした段階ですべての具材に火が通っているので、衣がこんがりきつね色になれば完成。(揚げ過ぎ注意です)

しっかりと味が付いているので何もつけなくても美味しいですが、お好みでお好きなソースをつけて召し上がってくださいね。

【コロッケレシピ】お肉屋さんみたいにつくる5つのポイント!のまとめ

ご飯のおかずにおつまみにそして小腹が空いた時にも嬉しい、お肉屋さんみたいに美味しいコロッケは、5つのポイントを押さえれば誰でも美味しくつくることが出来ますよ。

コロッケづくりに欠かせないじゃがいもは、ほくほく食感が特徴の男爵がおすすめ。

じゃがいもには食物繊維をはじめ、女性に嬉しいビタミンC、塩分の取り過ぎを調節してくれるカリウムも豊富に含まれていて栄養満点です。

揚げたて!ほくほく♪のお肉屋さんみたいに美味しいコロッケをつくって、はふはふ言いながらほおばってくださいね~(*^-^*)

  

-洋食屋HANA

© 2021 87diary Powered by AFFINGER5