暮らし

【コロナ禍】生活の変化をストレスなく過ごす為の心得

こんにちは、HANAです。

コロナ禍で今まで経験したことがない生活の変化が続く中、皆様いかがお過ごしですか?

自分の意志とは関係なく自宅にいる時間が増えて、得体のしれない何かに行動が制限される為、誰もが無意識のうちに身体や気持ちに力が入って、緊張から不安や心配で落ち込んだり眠れなかったり、身体の痛みやイライラなどで身体も心も不調、という方も多いと思います。

少しでもストレスを減らし、リラックスして過ごす為の心得を模索しました。

コロナ禍で変化した生活

  • リモートワーク(テレワーク)による働き方の改革に伴う変化
  • マスクの着用やソーシャルディスタンスの新しい生活様式
  • おうち時間の増加
  • 消費傾向の変化

リモートワークで家族が自宅で過ごす時間が多くなり、人との交流が少なくなった為、ファッションアイテムや美容品の購入が減り、衛生、洗浄用品が増えました。又おうちごはんを楽しむための食材、宅配サービスやデリバリーサービス、テイクアウトも増えました。

ストレスなく過す為の心得

思うように行動できない楽しむことが出来ないという制限されている状態から、自分で選んで行動しコントロールできていると感じることがストレスを溜めないことに繋がります。家族のいる方はそれぞれが1日のスケジュールを立てて共有し、協力し合って達成感や満足感を得ることが大切です。

忙しい日々の毎日では見失いがちの、本当に大切なものや大切な人達との絆に改めて気づき再認識させられた事もあれば、反対に家と会社の往復だけの単調な生活の中で、意識できなかったことや見えなかったり気づかなかったことが表面化してきた事もあります。

大人も子供も思うように楽しめなくなっていることでストレスを感じたりナーバスになる時期であることは事実ですが、だからこそきちんと向き合いコミュニケーションの時間を意識して作り、お互いの考えや思いを再確認する時です。

少しでもストレスのない毎日を過ごす為に、出来る事から少しづつ始めましょう。

家族関係の変化に向き合う

外出自粛やテレワークで自宅で過ごす時間が増加し、家族の関係性にも変化が出ます。

一緒にいる時間や会話が増えると安心感や愛着だけでなく、今まで気付かずにいた嫌な面や何もしてくれない、といった良くない面も見えて、必ずしも家族で過ごす時間が増えたことを好意的に受け止められない人が多くいるのは否定できません。

家族で過ごす時間を、絆を深めて共に乗り越えていくきっかけにする為に、喧嘩になるから話さないとか言いたいけれど言わないではなく、きちんと向き合って解決策を模索していくことでこれからの家族関係が良くも悪くもなります。

  • 今の状況の中でお互いがどうしたいのか、どう思っているのかを話す習慣を作る。
  • 役割分担をして協力し合う意識を持つ。
  • 子育て中の方は順番にお子さんの見守りをする。
  • 家族全員が一人だけの自由になれる時間を作る。

どうしたいか、どう思っているかを紙に書き出すのもおすすめです。気持ちが整理されて明確になります。

食事作りはメリハリをつける

仕事や家事や学業とそれぞれの立場で人との交流が減る中、家族団らんで食卓を囲めることは料理の味だけでなく楽しい時間を共有する大切な時間。

リモートや自粛生活で思うように行動できず、楽しみが少ないこの時期の食事は特に貴重ですが、多い時は1日に2食から3食、献立を考え、食事の準備から後片づけまでする人は大変です。

負担やストレスを出来るだけ減らす為に、忙しい平日や疲れた日はお惣菜や冷食、テイクアウトを利用する、材料だけ揃えて食卓で調理できるメニューを選ぶ、休日や余裕のある時は少し頑張って手の込んだものを作る。

気合と根性で完璧を求めるのではなく、その日その日の状況や体調に合わせてメリハリをつけ、固定観念を捨てて義務感を少しでも減らせるように食事づくりの負担を減らす工夫をしましょう。

毎回ママが一人で頑張らずに、ランチを子供やパパにお願いするのも一案です。お願いするときは笑顔で!たとえ言いたいことはあっても、ぐっとこらえて(笑)

そして感謝の気持ちは忘れずに、美味しかったよ♪の言葉を添えて。

食事は味や見た目も大事ですが、それ以上に楽しく笑顔で頂くことが一番のご馳走です。

人の少ない開放的な処で気分転換をする

太陽の光を浴びて公園で子供と身体を動かしたり、人の少ない場所への散歩は家でのストレスやイライラを解消してくれます。

マスクを着用し、感染リスクの少ない開放的な場所で定期的に気分転換をすることは体力管理や心のケアにもおすすめです。

お天気の良い日はありあわせの簡単な軽食を用意したり、テイクアウトを利用してピクニック気分でランチをするのも良いですね。

観葉植物やアロマで癒される

好きな香りや、机上に緑がひとつあるだけで癒され、リラックス出来ます。

観葉植物の中でも比較的育てやすいポトスやガジュマルなどは、手もかからず楽しめるので初めての方にもおすすめです。

好きな香りのアロマオイルはスティックをさして寝室や玄関に置いたり、アロマ加湿器として使用すれば乾燥も防げて一石二鳥!

入浴剤の代わりに数滴湯舟に垂らせば、蒸気で香りが広がってリラックスバスタイムが堪能できます。

楽しい未来を予想する♪

自粛期間でなくなったら、やりたいことや会いたい人、行きたいところが沢山あります。

旅行であれば行きたい旅先リストを作ったり、しおりを作る。ちょっとおしゃれで美味しそうなレストランをピックアップする。楽しく取り組めて将来役に立ちそうなことをシミュレーションし、ノートに書き留めておく。

こうしたい、あそこへ行きたい、こうなれたらいいなと楽しいことを考えることで、気分もリフレッシュされて気持ちも晴れやかになります。

ネット情報やニュースから距離を置く

世の中には正しい事もそうでないことも情報が溢れています。

不安やストレスをさらに大きくしないように、時には意識的に距離をとって情報を見ない、聴かないことも対処法になります。

【コロナ禍】生活の変化をストレスなく過ごす為の心得のまとめ

単調で忙しい毎日では出来なかった自分磨きや、読書や映画鑑賞、ゆったりと入浴タイムを楽しむのも時間があるからこそできる事。

心身ともに健康でいる為に生活の変化をポジティブに受け止めて適応し、日々の生活を少しでもストレスなく過ごす為に出来る事から少しずつ意識改革することは大切です。

生命の歴史を振り返っても、身体も能力も高く、生きる力に優れていたネアンデルタール人は滅び、身体も小さく能力も劣っていたホモ・サピエンスが生き残ったのは個々の力を補うように、集団を作ってコミュニケーションを図り、暮らしの中で道具や工夫のアイディアを共有し協力したからだと言われています。

人生の大先輩たちは全てを失い、食料も情報も少ない時代を乗り越えてきました。

受け継がれた命に感謝し、小さな幸せ探しをしながら前を向いて過ごしましょう。


-暮らし

© 2021 87diary Powered by AFFINGER5